活動のご案内

環境施設総括管理士制度

環境施設総括管理士制度

 環境衛生施設維持管理業協会(環維協)では、運転維持管理において「現場総合力」の向上を担うエキスパートの技術者を認定する環境施設総括管理士(略称:総括管理士)制度を設けております。
 環境衛生施設では施設性能を最大限発揮させる安定的で、安全な運転方法を確立し、お客様に安心と信頼を持ってもらうことが大切となります。 そのために、維持管理だけでなく、施設・設備面に 対しても高度な技術力を体得している者を教育者として、事業所の運転管理者の指導教育に当たることを狙いとした制度です。 また、総括管理士は3Rの推進のみならず、廃棄物エネルギーのさらなる活用など循環共生型社会の構築に向けて研鑽を積んでおります。

○環境施設総括管理士の資格審査
受験資格は環維協会員会社の在籍者で
(1)廃棄物処理技術に関する業務に10年以上従事していること
(2)技術士または(一財)日本環境衛生センターの廃棄物処理施設技術管理士の資格を
  保有していること

受験資格審査後、認定研修会の受講、論文審査、口述審査を経て合格者が決定され、
「環境施設総括管理士」となる。
また、技術革新、法制度の改正などに対応するために、3年ごとに更新審査を実施。

○環境施設総括管理士の活動
上記のとおり、社内の事業所の運転管理者への指導教育のほか、
(1)環維協では技術部会または安全衛生部会に所属し、施設見学研修会への参加、
  新規技術の調査研究、日本環境衛生センターおよび日本環境衛生施設工業会との
  技術交流会への出席、環維協出版物の企画編集活動の推進
(2)関係団体の講習会での講義、関係団体の機関誌への原稿の執筆などの対外活動の実施


soukanshi_graph.gif
※グラフはクリックで拡大されます

ページトップへ