全電圧始動法

提供: 環境衛生施設維持管理業協会 環境施設用語集

2010年8月26日 (木) 11:53時点における Jema (トーク | 投稿記録) による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)


全電圧始動法 ぜんでんあつしどうほう

method of full voltage starting


電動機の端子に、直接、定格電圧を加えて始動する方式で、一般に始動電流は、全負荷電流の500~800%、始動トルクは全負荷トルクの100~150%であり、一般的には電動機容量が7.5kW(200V)以下の場合に採用される。構成が単純であるために故障の発生が少なく、経済性にも優れている。

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
ツールボックス